日本建設技術教育センター日本建設技術教育センター

建設・建築・設計・工事・施工・工事監理のプロを育成するJ-CTEC

0120-556-953 受付時間:午前9時~午後6時(土日祝日・年末年始を除く)

⽇本建設技術教育センター(J-CTEC)とは

⽇本建設技術教育センター(J-CTEC)が
選ばれる理由

1,500名を超える受講者が、建設業界の様々な現場で活躍中。
「実践的な研修内容」「最新の学習環境」「お客様のニーズへの柔軟な対応力」
この3つを兼ね備えたJ-CTECの研修が、今お客様に選ばれています。

1

建設現場経験が豊富な講師が、きめ細かな指導を実施。だから現場の「即戦力」になれる

J-CTECの研修は、社会人生活の基礎となるビジネスマナーから、施工管理の基礎~応用、測量、CAD、さらには建設業の作業監督者となる施工管理業務に義務付けられている「職長・安全衛生責任者教育」まで、目的にあわせた幅広いコースをラインナップ。各コース内に様々な講座を設け、いずれも独自の教材による授業を行います。講師を担当するのは、建設現場での実務経験に加え、講師としての経験も豊富に持つプロフェッショナル。ただ教材の内容を一方通行で伝えるのではなく、現場目線・受講者目線できめ細かな指導を行っています。「こちらの気持ちに寄り添ってくれるから分かりやすい!」「現場経験がある講師だから業務がイメージしやすい」「若手の定着率が劇的に改善した」など、受講者や企業の担当者様から高い評価をいただいています。

2

最先端の実機を使用しての研修だから、翌日から使える知識・技術が身に付く

日進月歩の建設業界。現場で活かせるノウハウの習得には、実機で学び、最先端の知識・技術を身に付ける必要があります。J-CTECでは、業界でも活用が目立ち始めているVRが体験できる環境を早期から導入。映像内で現場で起こりうる事故災害を体験し、危険予知教育や安全教育を実施。CADは、Auto、Jw、T-fas、の3種類に対応。特にAutoCADは、Autodesk社認定校として認定資格プログラム研修を実施しています。さらに、実際に建設現場で使用されている測量機器(レベル・トランシット)や工事撮影用黒板などを用いての実機研修も充実しています。2019年には、より優れた教育環境を実現するため東京校をリニューアル。校舎の内装は、その場にいながらにして建物の構造・躯体を学べるよう、あえて天井の配管を見せる構造にし、壁の種類にもこだわるなど、さまざまな工夫をこらしています。また、自習や受講者同士のコミュニケーションができるようカフェスペースもあり、講座以外の時間も快適に過ごすことができます。

3

講師派遣&研修内容のカスタマイズにも対応。ムリ・ムダのない研修で、コスト削減にも貢献

J-CTECの研修は、東京・大阪・名古屋の当社施設にて受講いただく「オープン参加型」だけでなく、お客様先に当社講師を派遣して行う「講師派遣型」でも受講が可能です。受講生の移動や宿泊にかかるコストが気になるお客様にも、後者なら気兼ねなくご利用いただけます。事前準備~会場設置まで、すべて当社が行いますので、担当者様に別途作業をお願いすることはございません。また、弊社担当によるコンサルティングを行ったうえで、お客様の事業内容を踏まえた研修内容のカスタマイズにも対応しており、より一層ムリ・ムダのない研修で効率的に知識・技術を習得できます。研修費用にはアフターフォローまでを含んでいますので、社内研修・社員教育にかかるコストをトータルで削減することにも貢献しています。