日本建設技術教育センター日本建設技術教育センター

建設・建築・設計・工事・施工・工事監理のプロを育成するJ-CTEC

0120-556-953 受付時間:午前9時~午後6時(土日祝日・年末年始を除く)

J-CTECコラム

土木の資格一覧(種類、難易度、試験内容)

土木工事は街づくり、国づくりの根幹を担う、建設業界各分野のなかでもきわめて重要性の高いものです。最近では、東日本大震災からの復興事業においても土木工事の活躍に注目が集まりました。建設業界の中でも土木系にあたる資格としては、土木施工管理技士、技術士・技術士補、コンクリート診断士、下水道技術検定などがあります。まずはそれぞれどんな資格なのか、簡単に説明します。


➤資格以外の実務的な研修はこちら

土木系資格の種類と内容

土木施工管理技士

土木工事施工管理技士とは、トンネルやダム、橋梁、河川などの土木工事の現場で管理・監督能力を行える能力を持った人材であることを認定する国土交通省管轄の国家資格です。1級・2級の2種類があり、1級を取得すれば、一定規模以上の土木工事を請け負うために企業が置かなくてはならない「専任技術者」「監理技術者」となることができます。

技術士・技術士補

技術士とは、土木工事を含む各産業分野において、技術コンサルタントとして役割を果たすことができる最高クラスの知識・技術を持った人材であることを示す資格です。学術界でいうと「博士」にあたるような、最高峰の権威を持ち、相応の難易度を持つ資格です。

コンクリート診断士

住宅や高層ビルはもちろん、河川の護岸工事や防波堤・防潮堤の建設でもちいられるコンクリート。強度を誇るコンクリートも一定の期間を過ぎれば定期的なメンテナンス、補習が必要です。そうしたコンクリート点検業務を行うために必要になるのが、コンクリート診断士資格です。

下水道技術検定

下水道技術検定とは、下水道の設計や工事技術に関する技術を認定する資格です。認定する技術の内容により第1種~第3種の3種類があり、第1種が最も難しい資格となっています。

土木工事の全体像を理解し、管理監督業務に取り組むなら土木施工管理技士!

安心安全な社会生活の基礎をなすのが土木工事。その全体に関わり、安全な工事遂行のために専門的な知識・経験を積んでいきたいという方には、土木工事施工管理技士の資格取得がおススメです。工事計画の策定から予算管理、安全管理、品質管理と、まさに土木工事全体の管理監督業務を行いますので、業務の中で自ずとノウハウが身に付いていきます。上位の資格を取得することで「監理技術者」など、責任あるポジションへとステップアップできる点も大きな魅力です。

土木施工管理技士のやりがいとは

土木工事とひとくちに言っても関わる範囲は幅広く、河川、道路、橋梁、海岸、トンネル、上下水道、土地区画整理、ダム、空港建設、災害時の復旧…そのいずれもが土木工事が扱う対象となり、そのいずれをとっても人々が安心・安全な生活を送るために欠くことのできないものであることがお分かり頂けるかと思います。

「工程管理」「予算管理」「安全管理」「品質管理」「環境管理」の5大管理を担い、工事現場で工事の安全性と品質を確保するために全体の指揮をとり監督するのが土木工事施工管理の仕事であり、土木工事施工管理技士資格を持っていることは、そのスペシャリストである証です。

施工管理技士資格には、建築・電気などいくつかの種類がありますが、土木施工管理技士は工事の性格から公共工事の現場を担うことが多く、責任ある仕事を影響力のあるポジションで担えるというやりがいがあります。社会の基盤を支える仕事であり、「地図に残る」仕事でもありますので、家族はもちろん、親類縁者一同に誇れる仕事だと言えるでしょう。


➤実際の施工管理業務について学びたい方はこちら

土木工事施工管理技士国家試験について

受験資格

1級・2級、それぞれに基準があり、最終学歴ごとに必要とされる実務経験年数も異なります(短い場合で1年以上~長い場合は14年以上の実務経験が必要)。

試験内容

1級・2級とも学科試験と実地試験により行われます。

学科試験(1級の場合)

●土木工学等

1.土木工事の施工に必要な土木工学、機械工学及び建築学に関する概略の知識を有すること。
2.土木関連施設・設備に関する概略の知識を有すること。
3.設計図書を正確に読み取るための知識を有すること。

●施行管理法

土木工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する概略の知識を有すること。

●法規

建設工事の施工に必要な法令に関する概略の知識を有すること。


上記を問う問題が選択式&マークシート方式で出題されます。
※2級の場合は学科試験の試験内容が「土木」「鋼構造物塗装」「薬液注入」の3分野に分かれており、それぞれの分野で合格を目指すことになります。いずれかに合格し、その後一定の実務経験を経ることで、1級の受験資格が得られます。

実地試験

施工管理法の理解を問う出題が、記述式で出題されます。

合格率

2級/学科50~70%程度、実地30~40%程度
1級/学科50~60%程度、実地30~40%程度

どうすれば土木工事施工管理技士資格を取得できるのか

昨今の自然災害の影響により、復旧や国土の教科を担う土木工事に注目が集まり、土木施工管理技士の受験者も増加傾向にあります。日常の施工管理業務への理解・習熟度を問う試験ですので、現場監督として土木工事施工管理の仕事を行っていくことで、資格試験合格のために必要な知識は得られると言えます。

いっぽうで、関連法規の学習に集中したい、イチから仕事の流れを学びなおして試験に挑みたいという意欲的な方には、各種スクールが開講する資格取得対策講座を受講してみるのもいいでしょう。その際は、実務経験豊富な講師が在籍しているスクールを選ぶと、より実践的な学びが期待できそうです。


よく読まれている記事

  • 土木の資格一覧(種類、難易度、試験内容)
  • 建築設備・管工事関係の資格一覧(種類、難易度、試験内容)
  • 空調設備施工管理に必要な資格とは(種類、難易度、試験内容)
  • 空調設備施工管理の仕事とは(仕事内容、資格)
  • 施工管理技士の資格一覧(種類、難易度、試験内容)